交流活動
Lectures

交流会

仮面空勁舞踏新年会  2009.1.31

仮面空勁舞踏新年会

仮面空勁舞踏新年会

仮面空勁舞踏新年会

仮面空勁舞踏新年会

1993年5月15日から、約半年に1回、無極静功各教室の皆さんが、また一般の方々もご参加され、交流会が開催されてきました。約1時間練功した後、講演会が行われます。

帯津良一 (帯津三敬病院院長)の講演

講演会での笑顔

第16回交流会は昨年の11月18日午後1時半から4時15分まで新宿スポーツセンターで行われました。戸山公園で共同練功した後、本部の薛永斌は「気功と太極拳の異同」というテーマで講演しました。

第17回交流会は5月12日(土)午後、新宿角筈センターホールで開催されました。大成功の第13回交流会に続いて、今回は2回目の各教室の皆さんの表演交流会が行われました。

第18回交流会は2001年11月24日(土)午後、セシオン杉並(東京都杉並区)で開催されました。東京都立大学名誉教授加藤信朗先生が「身体性の哲学―たつ・ねる・すわる」を講演されました。

加藤信朗東京都立大学名誉教授

第19回交流会は2002年5月25日(土)午後、新宿スポーツセンターで開催されました。立教大学教授横山紘一先生が”深層からの健康”を講演されました。

横山紘一立教大学教授

鹿島神流

横山先生は鹿島神流の技を披露されました。

第20回交流会は2002年11月2日(土)午後、新宿スポーツセンターで開催されました。東京工業大学名誉教授武者利光先生が”生体リズムのゆらぎと快適性”を講演されました。

武者利光東京工業大学名誉教授

受講者風景

第22回交流会は、2005年8月8日(月)、アメリカSilver Tiger Tai Chiの御一行を迎えて、新宿角筈地域センターで行われました。







第1回「気功と禅定」

玉城康四郎 (東京大学名誉教授)

1993.5.15

第2回「気と日本人」

南 博 (一橋大学名誉教授)

1993.11.27

第3回「動きを感じるこころ」

石井康智 (早稲田大学教授)

1994.6.4

第4回「アフォーダンス理論に おける身体」

佐々木正人 (東京大学助教授)

1994.11.26

第5回「能と気功 ― 構えと姿勢」

中所宜夫 (観世流能楽師)

「茶の湯と気の動き」

川上宗雪 (江戸千家家元)

1995.5.27

第6回「ホリステック医学の現場から」

帯津良一 (帯津三敬病院院長)

1995.12.9

第7回「気の科学」

町 好雄 (東京電機大学教授)

1996.4.27

第8回「気功の調身、調心、調息」

薛 永斌 (無極静功日本)

1996.11.16

第9回「気と人格心理学」

大村政男 (日本大学名誉教授)

1997.5.31

第10回「生、死、再生 − 古代、中世ヨーロッパにおける展開」

小田川方子(麗澤大学教授)

1997.11.22

第11回「無極静功による血液中セロトニン濃度、βエンドルフィン濃度の変化について」

峯岸由紀子 (国士館大学健康管理室)

1998.5.23

第12回「ホリスティック医学の現場から( 2 )」

帯津良一 (帯津三敬病院院長)

1998.11.7

第13回教室別の表演会 (新宿角筈センターホール)

1999.5.15

第14回「ヴィパッサナー (vipassana) 瞑想法」

アルボムッレ・スマナサ―ラ長老

1999.11.20

第15回「フィギュアスケート選手のメンタルトレニング」

花沢成一(日本大学教授)

2000.5.20

第16回「気功と太極拳との異同について」

薛 永斌 (無極静功日本)

2000.11.18

第17回教室別の表演会 (新宿角筈センターホール)

2001.5.12

第18回「身体性の哲学―たつ・ねる・すわる」

加藤信朗(東京都立大学名誉教授)

2001.11.24

第19回「深層からの健康」

横山紘一(立教大学教授)

2002.5.25

第20回「生体リズムのゆらぎと快適性」

武者利光(東京工業大学名誉教授)

2002.11.2

第21回教室別の表演会(北沢タウンホール)


2004.5.22

第22回歓迎アメリカSilver Tiger Tai Chi交流会


2005.8.8


表演会写真

合宿

リンク集


ホーム

連絡先

Copyright (C) 2000 無極静功日本 All rights reserved
( WUJIJINGGONG JAPAN )
info@taiji-wuji.org