研究レポート
Seminars

研修会

1992年から無極静功日本では、理論研究と実技研鑽のため、薛が担当し、研修会を開催してきました。
現在では、初級者向けの、中級者向けの研修会があり、研修会参加者が書かれた研究レポートは数多く蓄積されています。その中から比較的に一般の皆様にお読みやすい文章を掲載します。

また、これから継続的に掲載する予定です。

研修会;

研究レポートの目次

研究レポート12
「太極拳八法について」

橋本洋一

研究レポート11
「三円式」

川上正敬

研究レポート10
「行歩に学ぶ」

加藤 肇

研究レポート9
「涵胸抜背」

持田美智子

研究レポート8
「其根在脚、主宰于腰、形于手指」―武禹襄「太極拳論」より

海老原世津子

研究レポート7
「静坐法のこと」

大丸敏之

研究レポート6
「勁(2)」

稲葉多香子

研究レポート5
「上下、前後、左右、皆然。凡此皆是意、不在外面。」

寺部尚子

研究レポート4
「然非用功之久、不能豁然貫通焉」

飯塚允子

研究レポート3
「立身中正について」

大村雅枝

研究レポート2
「気功体験に思うこと」

堀田高弘


研究レポート1
「太極拳論を学んで」


富岡寛子




ホーム

連絡先

Copyright (C) 2000 無極静功日本 All rights reserved
( WUJIJINGGONG JAPAN )
info@taiji-wuji.org